hiroshinji’s diary

生まれて小・中・高・大学生までの思い出を綴ってます

【邦画】

私が20歳前後の頃、日本映画と言えばほぼ角川映画だった。犬神家の一族に始まり、薬師丸ひろ子原田知世の二大スターの人間の証明、野生の証明、セーラー服と機関銃時をかける少女など。渡辺典子を加えて3人娘らしいけど、渡辺は見ていない。主題歌を含めてすごくヒットしていた。

その後バブル絶頂の頃、いわゆるホイチョイ3部作、私をスキーに連れてって(1987)、彼女が水着にきがえたら(1989)、波の数だけ抱きしめて(1991)。

その後は主に日テレ系で見た記憶があるが、スタジオジブリのアニメ映画。となりのトトロ魔女の宅急便をはじめとする宮崎駿作品と火垂るの墓おもひでぽろぽろなどの高畑勲作品。どちらも好きだった。

一般のいわゆる邦画で記憶に残っているのは、興行成績上位から見てみると、容疑者Xの献身、いま、会いにいきます、恋空、君の膵臓をたべたい、Shall we ダンス?、8年越しの花嫁、空飛ぶタイヤ麒麟の翼、祈りの幕が下りる時…。あとエヴァンゲリオンシリーズも。

1,2を選ぶとしたら、君の膵臓をたべたいと祈りの幕が下りる時…。浜辺美波が超絶可愛いのと、祈りはストーリーが秀逸な上に、子役がすごく良かった。そして阿部寛の「やっぱ超きれいだな」。